奈良市学園前の歯科医院 森歯科クリニック/歯周病/口臭/口内炎/知覚過敏/予防歯科のことは奈良市学園前の森歯科クリニックへ

奈良市学園前の歯科医院/森歯科クリニック
インプラント/ホワイトニング/義歯(入れ歯)/審美歯科/口臭/根管治療など、歯の治療は奈良市学園前の森歯科クリニックへ。
近鉄学園前駅よりすぐです。奈良市内で歯科医院/歯医者をお探しの方は、是非お越し下さい。
奈良市学園北1−16−4学園前パークヴィラB1TEL:0742-44-1600
トップページリンクサイトマップ
歯周病&口臭
トップページ > 診療科目一覧 > 歯周病&口臭
歯周病&口臭歯周病や口臭などをはじめ、歯周病治療のことは、
奈良市学園前の森歯科クリニックにご相談下さい。


「いつまでもご自分の歯を残して頂きたい。」
「将来の歯の不安を少しでもなくして頂きたい。」
そのためのお手伝いを森歯科クリニックにさせて下さい。

歯周病は、歯についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって、歯を支える骨が破壊されてしまう病気で、歯を失う最大の原因です。歯肉から血が出る、口臭があるという方は、ご相談下さい。

こちらのページでは、歯周病をはじめ、知覚過敏や口内炎、虫歯予防などについて掲載して
おりますので、是非ご覧下さい。

歯周病や口臭でお悩みの方は、奈良県奈良市学園前の森歯科クリニックへ

■ 歯周病と口臭について
歯周病は、歯についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって、歯を支える骨が破壊されてしまう病気で、歯を失う最大の原因であり、全身への悪影響も報告されています。
また、歯周病は歯茎から血が出たり口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうこともあります。

しかし、歯周病は無自覚に進行するため気付き難い病気なのです。

歯肉から血や膿が出る、歯肉に赤く腫れたような部分がある、口臭がある、朝起きたとき口の中がねばつくような不快感のある、歯がぐらついてきた、歯茎がやせた、このような症状がひとつでもあれば歯周病が疑われます。
他にも悪い噛み合わせ、適合の悪い修復物によって引き起こされます。

当院では、まずレントゲン、歯肉の検査、噛み合わせのチェックなどを行い、患者さまの歯周病の進行状況を把握した上で、
歯周病改善のための治療計画を立てます。
そして、お口の健康を取り戻した後も、定期健診(メインテナンス)によって良い状態を維持していくようにします。

レントゲンやお口のお写真、歯肉の検査結果をパソコンにて保存、管理し、また担当衛生士によるケアを行うことによって、
いつまでも患者さまのお口の健康のお手伝いをして行きたいと思っております。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ プラークコントロールについて
当院では、基本的にご来院頂いた患者さまに、歯みがきの指導をさせて頂いております。

「毎日ちゃんと歯をみがいてるから、そんな事教えてもらわなくても良い」
「今回は痛い所だけ治療してくれたら、それで良い」
「そんなことより、とりあえず治療を先にして欲しい」
という方もおられるとは思いますが、歯みがきが最も重要で最優先すべき「治療」なのです。

ムシ歯や歯がしみる、ズキズキする、咬むと痛い、歯肉が腫れる、歯がぐらぐら動く、歯が欠けた、歯ぐきから血や膿が出る、口臭がするなど、歯のお悩みの原因のほとんどは、歯の表面につく白っぽいネバネバであるプラーク(歯垢)によるものなのです。これは単なる食べかすではなく、細菌の塊が苔のようにくっついたものなのです。 これがお口の殺菌作用を低下させたり、歯や骨を溶かす毒素を作り出し、それによって、ムシ歯や歯肉の炎症などの歯の疾患が起こるのです。

それに、腫れてる歯肉や治療する歯の周りにプラークがついてると、症状が改善し難く、なかなか治りません。ですから、予防のためだけでなく治療のためにも、まずはプラークを取り除く必要があるのです。

そして、このプラークを取り除く方法は、患者さまご自身の歯みがきが最も重要で効果的なのです。しかし、歯みがきでプラークを完全に取るのは難しいものです。プラークは、いわゆる「みがきにくい」場所、奥歯の溝や周り、歯と歯の間、歯と歯ぐきの境目、治療で詰めた物やかぶせた物の周り、差し歯や義歯のつぎ目などの場所につきやすいのです。ですから、何気なく歯みがきをしていても、そういう場所にみがき残しがある場合が多いのです。今回の治療できっちり治すためにも、さらに今後のお口のトラブルを出来るだけ少なくするためにも、患者さまご自身でプラークを取り除けるようになって頂く必要があります。そのために効果的な歯みがきの仕方を覚えて頂きたいのです。また歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシという器具もしっかりとプラークを除去するためには必要ですので、それらの使い方も説明させて頂きたいと思います。

特に歯周治療においては、お口の中の細菌を減らすことが重要です。今回いくら徹底的に取り除いて、きれいになっても、今後ホームケアを怠れば、またプラークがついてしまいますので、毎日の患者さまの歯みがきが、ご自分の歯を守るために最も大切なことなのです。

私達は治療できっちり治した後、定期的な検診にてお口の中をきれいに保って頂いて、将来的な歯の不安を減らすお手伝いをさせて頂きたいと考えています。一緒に皆さまの大切な歯を守りましょう。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ 定期検診について
治療が終わったら、定期的な検診の始まりです。これは、患者さまの大切な歯や、被せた歯、義歯が、良い状態で、出来るだけ長く機能するように行うものです。

お口の中には細菌がうようよしているので、かぶせた歯でもお手入れ次第では、ムシ歯になったり、歯肉が炎症を起こしたり、歯そのものがぐらぐらして来る可能性があります。それを防ぐためにも定期的な検診は重要なのです。

それから、咬み合せによるトラブルも考えられます。食事をして、物を咬んだり磨り潰したりする時には、歯にも力がかかっているのです。ご自分の歯ですら磨り減ったり、ぐらぐら動いてきたりするのですから、人工物であるクラウンは、割れたり、外れたりすることもあります。また普段のお食事だけではなく、寝てる間の無意識の食いしばりや歯軋りがあれば、歯にかなりの負担をかけるのです。義歯が外れやすくなったり、割れたりするのも咬み合わせが関与しているのです。

つまり、歯やクラウン、義歯等の補綴物を長持ちさせるためには、汚れ(プラーク)と力(咬み合せ)のコントロールが、必要なのです。そのために、定期的なメンテナンス、調整を行うことによって、ご自分のお口を良い状態に保ち続けましょう。

定期的に受診することによって、お口の中が良い状態に保てますし、例えムシ歯や歯肉の炎症などの問題が起きたとしても、早期治療なら痛くなく、小さな処置で終われます。お口のトラブルの原因は歯ブラシや咬み合せなどである場合が多く、それは定期的なチェックによって防げるものなのです。歯周病の患者さまは3〜4ヶ月毎、噛み合わせや義歯のチェックは半年毎が理想です。ご自身の健康のためにも、是非定期的な検診にいらして下さい。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ 歯周外科について
歯周病によって、歯を支えてる骨が減ってしまった場合は、歯周外科という歯肉の手術や骨を再生させる手術を行い、お口の中を清掃しやすい環境にする場合があります。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ レーザー治療について
今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは、痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。

歯茎などの腫れをおさえ、歯周病を治療し傷の治りを早くするだけでなく、虫歯の予防や歯を白くするのなどの処置にも使われます。

また、外科処置後、出血もほとんどなく、傷あとも残りにくく、さらに治りも早くなり、治療後の痛みも軽減されます。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ 歯茎の腫れ
歯と歯茎の間の溝にレーザーをあてることで歯周病の原因になっている細菌が急激に減り、膿が出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。
ブラッシング指導・歯石除去ほかの歯周病治療と併行してレーザー治療を行います。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ 虫歯予防
歯の溝は複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べカスなどは歯ブラシだけでは取り除くのはむずかしいものです。レーザーは、ハブラシが届かないところでも、熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯菌をやっつけます。しかも、レーザーによって歯が強くなり、虫歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、除去することもできます。

レーザー治療をご希望の方は、是非、森歯科クリニックにご来院下さい。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ 口内炎、入れ歯による潰瘍
お口の中や、唇にできる口内炎や口角炎の痛みは、レーザーですぐ和らぎ、治りも早くなります。
入れ歯が当ってできる潰瘍にも効果があります。

口内炎の治療を考えられている方は、是非、森歯科クリニックにご相談下さい。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ 知覚過敏
「水を飲んだり歯ブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?」その原因として知覚過敏が考えられます。
これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。

こんな時にレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜ができて孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことができます。

知覚過敏でお悩みの方は、是非、森歯科クリニックにご相談下さい。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

■ 歯ぎしり、食いしばりについて
睡眠時に歯ぎしりや食いしばりをしていませんか?これらは、肩こりや頭痛だけではなく、顎関節や歯に問題を引き起こす場合があります。食事の時に噛む力は、無意識にその物の固さに応じて調整しているのですが、睡眠時の歯ぎしりや食いしばりは、調整が効かず、体重の2倍もの力がかかってると言われています。

このような過剰な力が、歯を横に倒すような有害な力として働くので、歯がすり減ったり、ぐらぐらと動いてきたり、というダメージを与えてしまい、最終的には歯を失うことになったりもします。

しかも、なぜ歯ぎしりや食いしばりをするのか、という原因は定かではなく、ストレスという説が有力で、完治というのはむずかしいようです。

そこで、患者さまのお口に合ったマウスピースを製作して、それを睡眠時に装着して頂くことが、歯や顎関節の保護には有効です。
診療科目一覧はこちら>>> spお問い合わせはこちら>>>spアクセスマップはこちら>>>

インプラント/ホワイトニング/義歯(入れ歯)/審美歯科/口臭/根管治療など、歯の治療は奈良市学園前の森歯科クリニックへお越し下さい。
近鉄学園前駅よりすぐです。奈良市内で歯医者をお探しの方は、是非お越し下さい。


トップページへ


奈良市学園前の森歯科クリニック診療科目[ 審美歯科 | 義歯(入れ歯) | インプラント| 歯周病&口臭 | 歯内療法(根管治療) | ホワイトニング&PMTC ]

一般歯科&審美歯科

義歯(入れ歯)

インプラント

歯周病&口臭治療)

歯内療法(根管治療)

ホワイトニング&PMTC

患者様の声

森歯科クリニックスタッフブログ

メール無料相談

アクセスマップ

奈良市学園前の歯科医院
森歯科クリニック

Copyright(C)森歯科クリニック All Right Reserved.