院長プロフィール

院長紹介

みなさん、こんにちは。院長の森 雅一です。
私は幼少のころから、毎日朝から晩まで診療を行い、その後夜中まで技工をして、さらに休みの日もいつも歯科の本を広げてるような真面目で勤勉な父の背中を見て育ちました。
そんな父を歯科医師としての目標とし、「自分が患者さまの立場なら受けたい治療」を行うように心掛けております。

また、2009年に採択された医師主導の職業規範に関するWMAマドリード宣言にある
医師は自己規律に継続的に責任をもたねばならない
医師は、患者に対し、良質で継続的な医療を保証するために、臨床知識、技術、臨床能力の向上および維持を目的として、積極的に継続的な専門性向上のプロセスに参加しなければならない

を肝に銘じて、研鑽に励み、先人の教えを鑑みて、自分の治療を内省し、流行りや最新と謳われた治療を行うのではなく、エビデンスのあるガイドラインに沿った治療を行うように心がけております。

院長 森 雅一

MORI MASAKAZU

院長 森 雅一

略歴

  • 1986年 奈良女子大付属高校卒業
  • 1992年 大阪歯科大学卒業
  • 1992年 ファミリー歯科勤務
  • 1995年 森歯科医院勤務
  • 2001年 歯学博士取得
  • 2020年 森歯科クリニック継承

所属

  • 日本歯内療法学会
  • 日本顎咬合学会

座右の銘

『一番大切なことは単に生きることそのことではなくて、善く生きることである』

趣味

読書(ミステリー・歴史小説)、音楽鑑賞(80年代洋楽.80年代J-POP)、ボクシング

特技
趣味

日本拳法

血液型

A型


Philosophy
理念

日本人の平均寿命は男性81.41歳、女性87.45歳ですが(2019年)、健康寿命はそれぞれ72.14歳、74.79才です(2016年)

平均寿命とは、0歳時点で何歳まで生きられるかを統計から予測した「平均余命」のことで、健康寿命とは、日常生活を制限されることなく健康的に生活を送ることのできる期間のことです
「日常生活の制限」とは、介護や病気などを指し、自立して元気に過ごすことができない状態です
つまり、平均寿命は延びたものの健康寿命はそれに追いついておらず、現状では10年程は、要介護や不健康な期間があることになります
そのため、歯科の役割として、健康寿命を延伸し、平均寿命との差を短くすることにより、人生を豊かにしていくことが必要だと考えます

森歯科クリニックでは、お口の健康を通じて、全身の健康維持に貢献し、将来介護や寝たきりといった生活をできるだけ少なくすることを目指しております
そのために、治療を行い、お口の中の環境を整えて、機能回復を行い、噛める状況にし、そして今後ずっとお口の中を健康な状態保ち、機能維持できるようにメインテナンスを行いたいと思っております
このようなメインテナンスは、ムシ歯になったり、欠損が出来てから行うのではなく、健康な自覚症状がないうちから悪くならないように行うことが一番です
そして、治療された方は、また問題が起こったら歯科を受診するのではなく、問題が起こらないように健診を受けることが健康寿命を延ばすために重要なことです

森歯科クリニックでは、歯科を治療に通う所ではなく、将来に亘って健康を保つために行く所にしたいと思っております


MEDICAL
治療内容

一般歯科
歯内療法
歯周病
欠損補綴
入れ歯
口腔機能低下症
初診専用ご予約はこちら